打ちまわしと手作り

打ちまわしと手作り

親を決め、配牌を取り、ドラ表示牌をめくったら、いよいよゲーム本番です。

 

最初は親が一牌、河に切るところから始まります。河とは捨て牌を並べる場所のことです。そして、東→南→西→北の順にツモを行います。左回りですね。

 

 

上記のように牌を捨ててゲームを進行します。

 

基本的に手元に13牌置きます。そして自分の番になったら、山から1牌ツモって14牌にし、いらない牌を一牌すてる。そして次の人のがまたツモって捨てる。

 

こうすることで手元の牌を入れ替えて和了(あがり)に向かっていきます。

 

また、変則な方法として他の人の捨牌から欲しい牌をもらってくる「ポン」「チー」「カン」があります。「ポン」「チー」「カン」をした場合、上記の図のように手牌の横にさらします。

 

そして最後に和了ですが、これはゲームの上がりを意味して得点が発生します。ツモ牌で和了することを「ツモ」、他人の捨牌で和了することを「ロン」といいます。

 

もちろん、誰かが和了したからと言ってすぐ勝敗が決するわけではなく、麻雀は野球のように複数の回を重ねて最後の合計点が高い方が勝利します。通常は「半荘」と呼ばれるスパンで勝敗を決めます。

 

それに対して、配牌から次の配牌までの区切りを「局」といいます。

ゲームの進行

だれかが和了するか、その局が流れるかするとゲームは進行します。

 

麻雀は、親が公平に回すようにします。親が2回りしてゲームの勝敗を決めることを半荘戦といいます。一方親が一周りで勝敗を決めることを東風戦といいます。

 

半荘戦の場合、4人が親を2回行うわけですから、最低でも8回ゲームを繰り返すわけです。この一回のゲームのことを局といいます。

 

 

その局が終われば、また次の親がサイコロを振り、配牌をし、次のゲームを開始します。

 

ちなみに「親」が上がった場合、親の移動はなく、再び同じ人が親を行います。親は勝ち続ける限り親であるわけです。

 

局が終われば、また得点のやり取りをした後、牌をまぜて(洗牌)、次の親がサイコロを振り、配牌をとり新たな局をスタートさせます。

 

あがり(和了)の形について解説します。

打ちまわしの流れ〜麻雀の基本ルール関連ページ

場所決めと親決め
麻雀のスタートはまず場所決めと親決めから始まります。手順は簡単ですのでしっかりマスターしてください。
牌の積み方
麻雀の第一歩は牌を積むことから始まります。
配牌をとる
山を積み終えたら、いよいよゲームスタートです。最初に自分の手牌を山からとってきましょう。
和了(あがり)の形
麻雀を始めてみましょう!麻雀の基本的な進行を紹介します。まずは全体像をおさえてくださいね。
流局
流局とは、だれも和了しないでゲームが終わることです。この時、親が流れる場合と連荘になる場合があります。
点棒と清算
所定の回数が終了したら、いったん得点を集計して順位を決定します。麻雀の締めの部分です。

このページの先頭へ戻る