牌の積み方

牌の積み方

麻雀をプレイするときまず牌を積まなければなりません。

 

積み方は、

 

2段重ねにして、17×2=34牌、自分の手元に積みます。

 

麻雀

 

上記の感じです。

 

ちなみに、牌を積む前に必ず洗牌をしなければなりません。洗牌とは牌を混ぜること。トランプでいうところのシャッフルにあたります。

 

注意点は、必ず牌を裏返しにして洗牌を行うことです。上手な方は、ここで牌の場所を覚えたり、イカサマをします。

 

フェアな状態でプレイできるために最低限のマナーと言えるでしょう。

 

また、牌が崩れないようにきれいに積むことを心がけましょう。積み方が汚いと牌を取ってくるときに牌が崩れてしまいがちです。自分のツモ牌ならばまだしも他人のツモ牌をさらしてしまうのは失礼です。

 

まとめますと牌を積むときのポイントは

 

@洗牌は牌を裏返しで行う

 

Aきれいに積む

 

上記2点です。

 

もちろん、自動卓やオンライン麻雀で楽しむ方は自動で行ってくれますので、気にする必要はありません。

 

次は牌を積んだ山から取ってくる配牌について解説します。

牌の積み方〜麻雀の基本ルール関連ページ

場所決めと親決め
麻雀のスタートはまず場所決めと親決めから始まります。手順は簡単ですのでしっかりマスターしてください。
配牌をとる
山を積み終えたら、いよいよゲームスタートです。最初に自分の手牌を山からとってきましょう。
打ちまわしの流れ
牌をとったら、ゲーム本番です。ここからが各打ち手のスキルと運が試されるところです。
和了(あがり)の形
麻雀を始めてみましょう!麻雀の基本的な進行を紹介します。まずは全体像をおさえてくださいね。
流局
流局とは、だれも和了しないでゲームが終わることです。この時、親が流れる場合と連荘になる場合があります。
点棒と清算
所定の回数が終了したら、いったん得点を集計して順位を決定します。麻雀の締めの部分です。

このページの先頭へ戻る