得点計算〜麻雀の基本ルール

点棒と清算

麻雀は、一般的には半荘という区切りで得点を競います。

 

半荘とは、親が全員2回やり終えることです。半荘の半分で親を一回りさせて終了させる場のことを東風戦といいます。

 

この区切りが終了するといったん得点を集計して、順位を決定します。基本は最初に3万点をそれぞれが持ち、その点数の多少を競います。

 

3万点は、特に基準点としての意味をもち、一般的に3万点より半荘終了時多ければ、その半荘はプラス、少なければマイナスと判断できます。(例外あり)

 

この時、手持ちの得点とは別に、ウマと呼ばれる順位点が加算されたり、トップにトップ賞と呼ばれる得点が加算されたりします。

 

麻雀はゲーム内で獲得した点数だけでなく、この順位点やトップ賞などの点数を以下に狙っていくかが重要になります。

 

ウマ

ウマとは、順位点のことで、それぞれの順位におおじてボーナスや罰符が課されます。

 

基本的には1位(+)と4位(−)、2位(+)と3位(−)と対応させた点数を加算減算します。

 

例えば、

 

1位・・・・+20000点
2位・・・・+10000点
3位・・・・−10000点
4位・・・・−20000点

 

となるように設定します。1位と2位の加算点は、3位と4位の減算点に一致します。また1位と2位の順位点は倍数にするのが一般的です。

 

トップ賞とは

トップ賞について解説しますと、麻雀は基本は各人3万点スタートで開始し、この3万点より上か下かでその半荘のプラスマイナスをはかります。

 

しかしトップ賞ありの場合、これを2万5千点スタートという形でスタートさせます。(点数は3万点未満の任意です)

 

そして、3万点を基準にプラスマイナスを図ることは変わらないのですが、そうすると5千点×4=2万点分余ってしまいます。

 

この余った2万点をトップに賞として加算しようというものです。多くの麻雀でこのルールが採用されています。


点棒と清算〜麻雀の基本ルール関連ページ

場所決めと親決め
麻雀のスタートはまず場所決めと親決めから始まります。手順は簡単ですのでしっかりマスターしてください。
牌の積み方
麻雀の第一歩は牌を積むことから始まります。
配牌をとる
山を積み終えたら、いよいよゲームスタートです。最初に自分の手牌を山からとってきましょう。
打ちまわしの流れ
牌をとったら、ゲーム本番です。ここからが各打ち手のスキルと運が試されるところです。
和了(あがり)の形
麻雀を始めてみましょう!麻雀の基本的な進行を紹介します。まずは全体像をおさえてくださいね。
流局
流局とは、だれも和了しないでゲームが終わることです。この時、親が流れる場合と連荘になる場合があります。

このページの先頭へ戻る