流局〜麻雀の打ち方

流局〜親流れ

誰も和了しないで局が終了するケースを流局といいます。流局に際して眼がえなければならないのは、親流れとノーテン罰符の二点です。

 

まずは親流れについて解説します。流局の際、親が流れる(交代する)ケースと流れないケースがあります。

 

まず、和了まであと1牌のケースをテンパイと呼びます。

 

逆にテンパイ以外のケースをノーテンといいます。和了まで後「2牌」以上必要なケースです。

 

例えばテンパイですが

 

 

こういうケースです。この場合、 か  が来れば和了という状態ですね。

 

この時、親がテンパイしていないと基本的には親の交代になり、いままで南家だった方が今度は東家になり親になります。逆にテンパイをしている場合、連荘といって同じ方が再び親を行います。

 

ただし、これはあくまで一般的なルールの話です。

 

ルールによっては、親テンパイだろうと流局は親流れとしているケースもありますし、親がノーテンでも流れず連荘をつづけるケースもありますので最初にルールを明確にしておきましょう。

流局〜ノーテン罰符について

流局時ノーテンの場合、基本的にノーテン罰符が発生します。

 

ノーテン罰符は合計3千点です。これをノーテンの人数で負担します。

 

たとえば、

一人ノーテンの場合、支払いは、3000点(テンパイは1000点づつもらえます)

 

二人ノーテンの場合、支払いは一人1500点(テンパイは1500点づつもらえます)

 

三人ノーテンの場合、支払いは一人1000点(テンパイは3000点もらえます。)

 

全員ノーテンの場合、支払いは発生しません。

これも一般的なルールの話で、ルールによって「ノーテン罰符なし」と決めておけば罰符は発生しません。

 

では最後は点棒と清算です。

流局〜麻雀の基本ルール関連ページ

場所決めと親決め
麻雀のスタートはまず場所決めと親決めから始まります。手順は簡単ですのでしっかりマスターしてください。
牌の積み方
麻雀の第一歩は牌を積むことから始まります。
配牌をとる
山を積み終えたら、いよいよゲームスタートです。最初に自分の手牌を山からとってきましょう。
打ちまわしの流れ
牌をとったら、ゲーム本番です。ここからが各打ち手のスキルと運が試されるところです。
和了(あがり)の形
麻雀を始めてみましょう!麻雀の基本的な進行を紹介します。まずは全体像をおさえてくださいね。
点棒と清算
所定の回数が終了したら、いったん得点を集計して順位を決定します。麻雀の締めの部分です。

このページの先頭へ戻る