途中流局 ルール紹介

途中流局

誰もあがれず、王牌を残してツモ牌がなくなった時流局します。

 

しかし、それ以外にも一定の条件が成立すると流局してしまう特殊なルールが存在します。ここではそのようなルールをまとめて紹介します。

 

九種九牌(キューシュキューハイ)

親の配牌時、または子の第一ツモ後に置いて(つまり最初に14牌できる状態で)手牌の中に?九牌が9種類以上含まれている場合、手牌を倒し、九種九牌を宣言することで流局にすることができる。

 

ただし、その前にポン、チー、カンがあった場合、九種九牌を宣言することはできない。

 

これは申告制なので、本人が宣告しなければ、そのまま局を続行できる。9種あると国士無双になるチャンスが高いので悩むところである。

 

四風連打(スーフォンレンタ)

第一打の捨てパイで4人とも同じ風牌(東、南、西、北)を切ると四風連打で流れになります。

 

途中でポン、チー、カンなどの鳴きが入ると四風連打にならない。

 

配牌がいい場合、四風連打にならないように気をつけなければならない。

 

また親で連荘が必要な状況ならば第一打に風牌を切ることは控えましょう。

 

四槓流れ(スーカンながれ)

複数の打ち手によって4回カンが行われると四槓流れで流局になります。

 

4回とも一人の打ち手である場合、四槓流れではないので注意。

 

この状況は、四槓子(スーカンツ)という役萬役の成立になります。

 

これ以降、4枚牌がそろっても他家がカンをすることはできません。(ルールによって5回目のカンを認め流局にするものもある)

 

四人立直(よにんリーチ)

4人がリーチをかけると四人立直として流局になる。

 

ルールによって四人立直を流局にしないものもある。

 

三家和(サンチャホー)

3人ロンのことです。一人の打ち手の捨て牌に対して三人が同時にロンを宣言することです。

 

ルールによってトリプルロンありを採用する場合もあるが、一般的ではない。

 

途中流局〜麻雀基本ルール関連ページ

麻雀牌の種類と呼び方
麻雀牌の種類とその呼び方を確認しましょう。
ドラ
ドラについて解説します。麻雀においてドラの扱いは勝負を左右するほど重要です。
王牌
麻雀の基本知識を紹介します。牌の種類や名前を覚えましょう。
上家・対面・下家
麻雀の基本知識を紹介します。自分から見た他家の呼び方を学習します。
面前と鳴き
麻雀の基本知識を紹介します。面前と鳴きについて解説します。
ポン
麻雀の基本知識を紹介します。ここではポンについて解説します。
チー
麻雀の基本知識を紹介します。チーを解説します。
カン
麻雀の基本知識を紹介します。ここではカンを紹介します。
ロン
麻雀の基本知識を紹介します。ロンを解説します。
フリテン
麻雀の基本知識を紹介します。フリテンというあがり縛りについて解説します。
チョンボ
麻雀の基本知識を紹介します。チョンボに代表される麻雀の罰則ルールを紹介します。
多牌・少牌
麻雀の基本ルールの解説です。多牌・少牌を解説します。多牌少牌とは何らかの原因で牌が多くなったり、少なくなったりすることです。
腰(コシ)と見せ牌
麻雀の基本知識を紹介します。コシと見せ牌という罰則を紹介します。
連荘と積み棒
麻雀の基本知識を紹介します。ここでは連荘と積み棒について解説します。
流局とノーテン罰符
麻雀の基本知識を紹介します。ここでは流局とノーテン罰符について解説します。
供託
麻雀の基本知識を紹介します。ここは場に1000点預ける供託を解説します。
包則(責任払い)
麻雀の基本知識を紹介します。包則をという罰則を紹介します。

このページの先頭へ戻る