フリテン〜麻雀の基本ルール

フリテン〜麻雀の基本ルール

麻雀は捨て牌を元に他家の手を読みゲームを進めます。

 

この捨て牌のデータの信頼性を上げるため、他家へのあがり(ロン)について捨て牌との関係で制限を加えています。

 

その制限を「フリテン」と呼び、これに該当するとロン上がりできません。間違ってロンを宣言してしまうと誤ロンとして満貫罰符になってしまいます。

 

ただし、あくまでロン上がりの場合のみでツモあがりにはフリテンは適応されないので注意してください。

3つのタイプのフリテン

フリテンには3つのタイプがあります。

 

自分の捨て牌にあがり牌がある

自分の捨て牌にあがり牌がある場合、他家からのあがり(ロン上がり)はすることができません。

 

これは捨て牌に自分のあがり牌が一枚でもあれば、その捨て牌にある牌のみならず全てのロン上がりができなくなります

 

例を見てみましょう。

 

【捨て牌】

 

【手牌】

 

待ち牌は  の三メンチャン待ち。

 

捨て牌に自分のあがり牌  があるからフリテンになります。

 

これで他家から  でロンあがりできないだけでなく、 が出てもあがれないというわけです。

 

同巡内フリテン〜あがり牌を見逃し型

他家の上がり牌を見逃した場合、次の自分のツモまでフリテンとしてロンあがりできません。

 

これは同巡内フリテンといい次にツモった時点でフリテンは解消される一時的なフリテンです。

 

【図解】

 

リーチ後、あがり牌見逃し

リーチ後に他家のあがり牌を見逃すと、その後フリテンになります。

 

同巡内フリテンの場合、一巡すると解消されますが、リーチ者の見逃しの場合、その局が終了するまで続きます

 

ちなみに「他家のあがり牌を見逃す」と書きましたが、ツモあがりを見逃すと当然にフリテンになります。

フリテン〜麻雀の基本ルール関連ページ

麻雀牌の種類と呼び方
麻雀牌の種類とその呼び方を確認しましょう。
ドラ
ドラについて解説します。麻雀においてドラの扱いは勝負を左右するほど重要です。
王牌
麻雀の基本知識を紹介します。牌の種類や名前を覚えましょう。
上家・対面・下家
麻雀の基本知識を紹介します。自分から見た他家の呼び方を学習します。
面前と鳴き
麻雀の基本知識を紹介します。面前と鳴きについて解説します。
ポン
麻雀の基本知識を紹介します。ここではポンについて解説します。
チー
麻雀の基本知識を紹介します。チーを解説します。
カン
麻雀の基本知識を紹介します。ここではカンを紹介します。
ロン
麻雀の基本知識を紹介します。ロンを解説します。
途中流局
麻雀の基本知識を紹介します。特殊な流局のルールについて解説します。
チョンボ
麻雀の基本知識を紹介します。チョンボに代表される麻雀の罰則ルールを紹介します。
多牌・少牌
麻雀の基本ルールの解説です。多牌・少牌を解説します。多牌少牌とは何らかの原因で牌が多くなったり、少なくなったりすることです。
腰(コシ)と見せ牌
麻雀の基本知識を紹介します。コシと見せ牌という罰則を紹介します。
連荘と積み棒
麻雀の基本知識を紹介します。ここでは連荘と積み棒について解説します。
流局とノーテン罰符
麻雀の基本知識を紹介します。ここでは流局とノーテン罰符について解説します。
供託
麻雀の基本知識を紹介します。ここは場に1000点預ける供託を解説します。
包則(責任払い)
麻雀の基本知識を紹介します。包則をという罰則を紹介します。

このページの先頭へ戻る