麻雀の基本知識を紹介します。

麻雀の基本知識を確認しよう!

麻雀は基本的に4人で行うゲームです。

 

136枚の「麻雀牌」を使い勝敗を決します。牌とはトランプでいうところのカードです。

 

 

麻雀は通常、「半荘」という区切りで点数を競い、半荘の中にある1回のゲームを「局」といいます。

 

最初に13牌の麻雀牌が配られ、順番に一枚牌を取って(ツモとよばれます)きては、捨てます。このように一枚を常に循環させることで手の中の牌を入れ替えあがり(「和了」といいます)の形を作っていきます。

 

捨てた牌は「捨て牌」とよばれますが、この捨て牌を自分の手の中に入れるチーやポンという手段もあります。また捨て牌から対戦相手の手を推理します。

牌を積む

ゲームスタートに際して、麻雀牌を混ぜて牌を積みます。この牌をませることを「洗牌(シーパイ」と呼びます。

 

「洗牌」後、4人がそれぞれ17牌を2列作り、それを二段重ねにします。これを「牌山(ヤマ)」といいます。以後「山」とします。

 

 

これで、準備完了。

 

「親」がサイコロを振り、出た目に応じて牌を取っていきます。

 

最初に配られる牌の数は「親」が14枚、「子」が13枚です。

 

順番に4枚×3回+一回(親2枚、子1枚)で取ります。

あがりの形をつくる

和了(あがる)とその局は終了し、得点が発生します。

 

あがるためには、自分の牌を一定の形に揃えなければなりません。

 

その形が「雀頭1つ、面子4つ」です。

 

「雀頭」とは、同じ2枚の牌。以降、頭と省略します。

 

「面子」(メンツ)とは、3枚一組の組み合わせで、同じ牌を揃えるか(「刻子」(コーツ)とよばれます。例2、2、2)、順番に揃えられたものです。(「順子」(シュンツ)と呼ばれます。例2、3、4)

 

 

上記のような形をつくればあがることができますが、その組み合わせによって得点が異なります。この得点を決定するのが、「役」です。役とはあがった時の手持ちの牌の組み合わせで決められた一定の形です。

 

自分の手のなかにこの「役」がないといくらあがりの形を作ったとしてもあがることはできません。

 

よって、麻雀を楽しむためには、最低限この「あがりの形」と「役」を覚えておかなければならないということです。

 

※あがりの形には「頭1つ、面子4つ」のほか、七対子や国士無双といった特殊な形もあります。

 

得点は「点棒」とよばれる点数を表した棒によってやり取りされます。

 

親と子、そして自風

麻雀には「親」と「子」があります。

 

4人のうち一人が「親」であり、3人が「子」です。

 

「親」があがると得点は「子」にくらべて1.5倍になります。

 

逆に「子」がツモあがりした場合、「親」は他の「子」の2倍支払わなければなりません。

 

また、常に「親」からスタートし、サイコロを振り配牌を決めるのも「親」の仕事です。

 

そして親は「東家」とよばれ、左周りに「南家」「西家」「北家」と割り振られます。この自分に割り当てたれた風を「自風」と呼び、順番をあらわす他に自風牌を3枚揃えると役になります。

和了(あがる)と流局

局は、誰かがあがるか、誰もあがらないで「流局」するかで終了します。

 

この時、親があがると「連荘」といって同じ親で再び局を始めます。また「流局」した場合でも親が後一手であがれる状態「テンパイ」していれば連荘します。

 

逆に子があがったり、流局時、親がテンパイ以外の状態「ノーテン」の場合、親の交代が起こります。

 

その場合、いままで「南家」だった方が、今度は「東家」になり親になります。それに伴いそれぞれの自風も移動します。

 

親はこのように循環していき、ちょうど親が2周したところでゲームの清算をするのが「半荘」と呼ばれる区切りです。

 

親は4人ともに平等に回ってくるわけですね。

 

ちなみに「東風戦」とよばれる親が一周した時点で清算する方法もあります。

麻雀の基本知識を紹介します。記事一覧

麻雀牌の種類と呼び方

麻雀牌には3種類(萬子、索子、筒子)の数牌(1〜9)と字牌7種類があり、それぞれ同じ牌が4枚づつあります。また字牌は三元牌(白、撥、中)と風牌(東、南、西、北)にわかれます。よって数牌9種類(1〜9)×4(同じ牌の数)×3種類=108牌字牌...
続きはコチラ

ドラ〜麻雀の基本ルール

ドラはあがった時持っていると一役加算されるボーナス牌の役割があります。ただし、あくまでボーナス牌なので正式な役ではありません。よってドラのみであがることはできないので注意が必要です。ドラは局開始時にサイコロの目によって「ドラ表示牌」をあけ、...
続きはコチラ

王牌〜麻雀の基本ルール

麻雀は常に14牌を残してゲームを行います。この14牌が王牌といわれるもので、ここにはリンシャン牌やドラ表示牌が含まれます。配牌を取るために切り離した部分から数えて7牌目まで(2段なので計14牌)が暫定的な王牌になります。誰も和了する方がいな...
続きはコチラ

上家・対面・下家〜麻雀の基本知識

自分から見た他家の呼び方を学習します。まず自分のことを「自家」と呼び、自分の前にツモる人を「上家(カミチャ)」、自分の次にツモる人を「下家(シモチャ)」、自分と向き合って座っている人を「対面(トイメン)」と呼びます。あくまで自分からみた時の...
続きはコチラ

面前と鳴き〜麻雀の基本ルール

麻雀の手作りには、面前(メンゼン)で手を作るか、鳴いて手を作るかの2種類があります。面前とは、自分のツモのみで手を作ること(ただしロンを除く)。鳴きとは、他家の捨て牌を利用して手を作ることです。面前は他家の捨て牌を利用せず、テンパイをしてあ...
続きはコチラ

ポン〜麻雀の基本ルール

ポンを紹介します。ポンとは同じ牌を手牌で2枚持っているときに他家が3枚目を切ります。その時に「ポン」と発音して、場に自分の2枚の牌をさらしてから、他家の牌を取ってくることができます。つまり対子(トイツ)を作るわけですね。「チー」は上家からし...
続きはコチラ

チー〜麻雀の基本知識

チーとは、順子(シュンツ)をつくるために、上家から牌を持ってくることを言います。たとえば  と手に持っているときに上家が  か  を切った時に「チー」と宣言して、牌をさらした後、他家の牌を持ってきます。さらし方は自分の手の右側に左牌を倒して...
続きはコチラ

カン〜麻雀の基本ルール

カンは、4枚目の牌を鳴いてカンツ(4枚同じ牌が揃い且つカンをすること)を確定させることです。カンツは刻子(コーツ)と基本的には同じ役割を果たしますが、手に4枚牌がある状態(カンしていない状態)ではあがるための構成要素になることはできません。...
続きはコチラ

ロン〜麻雀の基本ルール

ロンとは、テンパイの状態(後一牌であがれる状態)から他家の捨て牌であがることです。ロンと宣言して、手牌を倒します。ロンでその局は終了になります。ロンは、他家の牌であがるのですが「鳴き」になりません。よって平和などの面前手もあがれますし、食い...
続きはコチラ

途中流局〜麻雀基本ルール

誰もあがれず、王牌を残してツモ牌がなくなった時流局します。しかし、それ以外にも一定の条件が成立すると流局してしまう特殊なルールが存在します。ここではそのようなルールをまとめて紹介します。九種九牌(キューシュキューハイ)親の配牌時、または子の...
続きはコチラ

フリテン〜麻雀の基本ルール

麻雀は捨て牌を元に他家の手を読みゲームを進めます。この捨て牌のデータの信頼性を上げるため、他家へのあがり(ロン)について捨て牌との関係で制限を加えています。その制限を「フリテン」と呼び、これに該当するとロン上がりできません。間違ってロンを宣...
続きはコチラ

チョンボ〜麻雀の罰則ルール

麻雀は一定のルール違反をおかしたものに罰則をあたえ、そのことをチョンボといいます。罰則には、1000点供託、満貫罰符、あがり放棄があります。「1000点供託」は、場に1000点を出すことで局を続行します。その局を和了した者が回収、流局の場合...
続きはコチラ

多牌・少牌〜麻雀の基本ルール

多牌・少牌とは、その名の通り自分の手牌がなんらかの原因で少なくなることです。通常手元に13牌置いて戦いますが、気が付いたら「あれ?12牌しかない。」という状態です。ツモ忘れや捨て忘れなどが原因です。多牌・少牌になると「あがり放棄」です。流局...
続きはコチラ

腰(コシ)と見せ牌〜麻雀の基本ルール

コシとは罰則の一種で、チーやポンなど他家の捨牌で鳴く動作を見せた場合、その牌を使ってあがることができないという罰則です。これは一種、親告罪ですので、他家が「それコシだよ」と忠告した時に適応されます。この罰符は、チーやポンの仮のモーションを使...
続きはコチラ

連荘と積み棒〜麻雀の基本ルール

「連荘」とは、チョンボ以外で同一の親の局が続くことです。親があがるか流局時親がテンパイの状態で連荘することになります。連荘になると当然に親の移動はありませんし、風の移動もありません。親は一回連荘するたびに100点棒を一本場に出します。これを...
続きはコチラ

流局とノーテン罰符

最後のツモまで誰もあがれないで局が終了することを「流局」と呼びます。親がテンパイしていれば連荘、親がノーテンならば親流れとなることが普通です。連荘になれば親の移動は起きずに同一の親が積み棒を出して再び局を開始します。親がノーテンならば親流れ...
続きはコチラ

供託〜麻雀の基本ルール

供託とは局の途中で場に1000点を預けることです。供託された点棒は全員に平等に獲得のチャンスが生じ、この預けられた1000点は、その局にあがったものが獲得し、流局の場合次局に持ち越されます。最後の局(オーラス)で流局した場合、その場の取り決...
続きはコチラ

包則(責任払い)〜麻雀の基本ルール

包則(責任払い)とは、役萬を確定させてしまうような鳴きをさせてしまった人に責任を負わせることです。パオと読みます。たとえば、誰かが「白」「中」を鳴いているのに「撥」を切って鳴かせてしまう。これは、その他の二人にとっては大変迷惑な話です。見え...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る